« 佐倉歴史民俗博物館02 気仙沼小々汐 尾形家(網元) | トップページ | オードリー・ヘップバーンの魅力 世界ふしぎ発見から »

2013年10月16日 (水)

佐倉歴史民俗博物館03 支那事変第一回 特別報国債券

 佐倉歴史民俗博物館の第6室に、何気なくポスターが並んでいるが、これも重要な歴史の証言者だ。これらは、国民を扇動して・・・一体何をしたか、忘れた人も多いが、知っている限り、言い残したい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思いますお気に入りに追加   
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
21192134





 予科練生募集、
台湾徴兵募集始まる、
撃ちてし止まむ、
たのむぞ増産。
人の心を一番煽り立てるのは、歌、「戦時歌謡」だが、次に具体的に行動に移るのはポスターからだ。
 

213221352133





 私の一番問題にしたいのは、特別報国債券のポスターだ。これは、国民の持っているカネをナンダカンダ言って、出させて、政府は紙くず同然にしてしまった点で、罪が深い。
 当時の大蔵省の官僚が知恵を絞って考えて、国民には必ず利息をつけて返すからと“30年償還の国債”をペーパー商法のように買わせて、敗戦と共に二束三文の紙くずになっている。30年後の償還の昭和43年ころには、紙くずそのものだ。紙くずの昭和13年発行の債券が、好事家によって、690円で売っているようだ。
 

インフレがそうさせたのかもしれないが、戦争という消費のみを高める元凶に、政策を責任者が不在のまま、突っ込んでいった。この点を“忘れてはなるものか!”とひそかに思っている。他の人が忘れても。

 司馬遼太郎の講演をテープで聞いたとき、「江戸時代のよさは、親の代の価値観、倫理感が孫の代でも変わらなかったから、お説教がストレートに伝わった。なぜかというと、物価が20年過ぎてもかわらなかったからだ」という話をしていた。この物価の値段が変動しないという意味が、その価値観の変動とつながっている。これは大事なことだろう。江戸時代を明治政府はボロンクにいうが、徳川の「いい点」だ。価値の変動は、人間の心を荒廃させる。

 高度成長とか、高利回りとか、好景気は、収入は多そうに見えても、物価・価格が上がれば、手元の額面の価値が下がる。
 昭和13年に発売された「支那事変特別国庫債券10円」(小券4枚付)を見てみよう。
10
   米一俵60Kgの値段を調べて、この十円がどんな価値か、調べた。60kgは、一人が一年間で食べる量だと考えられる。
昭和7年米1俵(60Kg) 価格:8円20銭。10円86銭(買入価格)
昭和12年米1俵(60Kg)価格:10円。  12円70銭(買入価格)
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成15年産米1俵(60Kg)価格:13,820円(買入価格)
平成19年産米1俵(60Kg)価格:13,162円(1等コシヒカリ)、12,532円(2等)、11,482円(3等)。
平成20年産米1俵(60Kg)価格:14,000円(安い品種)、15,000円~16,000円(コシヒカリ)農協の販売価格
●米で物価を考えると、
14,000円(平成20年)÷10円(昭和12年)=1400(倍)。つまり、米は約1400倍の物価の上昇している。10円の支那事変特別国庫債券は、今なら1万4000円の債券になる。

別の尺度で考えると、
 当時の月給が40円が平均だというから、今の中堅社員を30万円だとすると、上昇率は7500倍だ。10円の支那事変特別国庫債券は、今なら7万5000円の債券になる。
 

●また、当時、一戸建てが1000円で買えたから、今マンションでさえ3000万円で買えるかどうかとすると、3万倍だ。10円の支那事変特別国庫債券は、今なら30万円の債券になる。
当時の人は、10円の国債を今の感覚でいうと「一万4000円」と考えただろうか。そうは思わないような気がする。不急不要の債券は本音からいえば買いたくはなかったはずだ。隣組の視線、「愛国」というプレッシャーから買っただろう。今の7万円くらいの感覚ではないだろうか。
 国民は、国が保障した預金のように信じていたが、政府、大蔵省は戦争は国民一体だから、国民からの借金を弾丸として敵陣に撃ち込む・・・つまり「(札束を)火つけて燃やしてしまう」のと同じで、なくなったものは返せるはずがない、と考えるかもしれない。戦争が終わったあとでは「一億総ざんげ」と言って、国民も政府と同じ立場だ、と戦争責任を負わせようとした。

 米で考えると、主食だから米の価格上昇は抑えられていることになる。不動産は、バカ高くなっている。これは誰かがなんとかしなければいけない。ハコモノ行政でカネ使うのは、空気か気分にお金をつぎ込んでいる部分があるんだ。
 冷静に考えたら、きっと、(八千代市でもめている新川の)橋一つつくるにも、図書館をつくるにしても、セメントと鉄骨、設計料を含めて、みんなでNPOをつくって協同で作ったらきっと1/10の値段で完成するに違いない。

  ウチの親父が買っていた「大東亜戦争割引国庫債券」数百円分を見たことがある。子供が見ると、一見債券は高額紙幣にも見えるから、価値あるのだろうと想像した。これが、戦争に負けて、二束三文になってしまった。まだ「グリーンピア」の損失は、建物が残っているだけいいのか?A80550
 当時は各町内会の単位ごとに、強制的に購入をしないといけないというルールがあったようで、今のような任意とはいかず、隣組によって、個人情報マルのぞかれだった。男でありながら、出征していないと、肩身が狭いから、戦争協力という意味でも、貯蓄とかの代わりに「大東亜戦争割引国庫債券」を買って協力した。
 

 昭和18年、19年ごろは、近所連帯を強いる無言の圧力で、庶民は窮乏生活の中で絞りとられていた。慰問袋を供出して、出征兵士の見送りをして、在郷軍人の指導で「消火訓練」「竹やり訓練」とか、必死で銃後の守りをやっていた。家のまわりには、火事の用心に水槽があり、天井には焼夷弾の火を消す砂袋を吊り下げてあった。
 

 莫大な借金をして戦争をした、特に「日露戦争」はイギリスへ大蔵大臣高橋是清がでかけて、借金国債でカネを集めた。日本がロシアに勝てると思われていなかったので、金利を高くしないと、日本国債は買ってもらえなかった。この日露戦争時、日英同盟を組んでいたが、イギリスの「日本をけしかけてロシアと戦わせる」狡猾な計画にはまった。未だに、日本人は気付いていない。それが、結果的に日本が勝ってしまったから、イギリスあはりがたかったにちがいない。
 
日露戦争遂行のための(大借金である)ポンド建て日本国債は、借換債を発行しながら、82年経って1986年(昭和61年)にようやく最終的に借金を返済を完了した。情報源←クリック 

 こんな莫大な借金のプレッシャーがあったから、日本は早く戦争は終えたかった。日本の財政逼迫の内情をロシアは知っていたから、和平交渉は難航した。
 
二百三高地の勝利、バルチック艦隊撃破した日本海海戦で、もう戦争は決着としたかった。しかし、ロシアは局地戦の「戦闘」には「負けた」かもしれないが、ロシア革命で戦争遂行がうまくいかなかっただけで、まだ体力はあるといきまいていた・・・それは、のちのロシアと日本の関係をみればわかる。
 ロシアから賠償金が取れないで講和をしたから、国民はカンカンに怒って日比谷の交番を焼き討ちした。そんなわけだから、イギリスの仲介で、ユダヤから融通してもらった、ポンド建て日本国債の借金は、マルマル残った。高い戦争だったことを国民は知らなかった。
年金 はじまり はじまり物語:

  国債は商品というより、「借金の借用書」のようなもの。お金を貸す代わりに購入者は利息を受け取る。当然、莫大な量を発行した戦時国債にも、利付き国債という名で利息がつく。
 そして、償還(満期)を迎えた国債は元本を返済する。それらを支払うために、日銀は無尽蔵に輪転機をまわしつづけて、お金が大量に出回り、お金はその価値を下げて、インフレを促進する。
 それを統制経済と半強制的に国債購入させて、貨幣の流通量を制限するから、(短期的には)インフレを押さえ込める。集めたお金は、鉄砲の弾、大砲の弾で使ってしまい、消えてしまうのだから、そのカネがものを産むことはない。戦争では、モノを作れば(完全に)消費してくれるから、商社は大もうけしていた。戦争は景気がよくなり、ウハウハの体制側の思惑で行われる。

 借金国債発行しても、インフレにしてしまえば、額面の金額の返済は「お茶の子、サイサイ」で、相対的に1/1000の返済で済む・・・という考えをする人がいる。室町時代の「徳政令」は、あまりに露骨の借金の棒引きをしたから、反発を食ったが、長~い償還期間、例えば80年、いや500年とかの期間を置いて、その間にインフレをやれば、1000兆円も、大したことない・・・と思う経済学者、経済官僚がいやしないか・・・と、そればかり心配している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link 06

 2004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link Kanban2
データ入力
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。
《→
データ入力詳細へ


アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ


録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。             《→
録音テープ起し詳細へ


執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。                                                                           《→執筆代行詳細へ

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 佐倉歴史民俗博物館02 気仙沼小々汐 尾形家(網元) | トップページ | オードリー・ヘップバーンの魅力 世界ふしぎ発見から »

お金、経済」カテゴリの記事

国家戦略」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

日本近代史」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐倉歴史民俗博物館02 気仙沼小々汐 尾形家(網元) | トップページ | オードリー・ヘップバーンの魅力 世界ふしぎ発見から »