« 秋の夜更けに ちあきなおみの歌 一曲いかが  | トップページ | みのもんた降板記者会見 急にみんな強気コメント »

2013年10月26日 (土)

NHK病の起源 うつ 扁桃体からストレスホルモン分泌

NHKで「病の起源」で「うつ」について放送した。生物としての進化に「うつ」になる起源があったという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
000038 このように「ウツ病」になる原因が、空から降ってくるようにたくさんある現代である。耐えているほうが、奇跡みたいなっものだ。本当に資本主義、市場経済で、他人を踏み台にしてのし上がるのだけが、うつ病にならない・・・という時代になった。医師や弁護士、技能を持つ人は、営業とか非技能の人の半分以下しか、「うつ病」にならない。
 000037社会主義で、みんな平等にしたほうが、モメないし、幸せではないか。ソ連も中国共産党も、北朝鮮も、平等を旨とした政府だったのだが、どこもうまくいかなかった。それはなぜだ?・・・この問題を追及すると、話が長くなるから、きょうは「うつ病」の話だけにする。

000040 人間は、危険に接すると恐怖を感じる。すると、脳内の扁桃体(中心核)が硬直 (freezing) や呼吸と脈拍の増加、ストレスホルモンが出てくる。ストレスホルモンが過剰に放出されていると、脳の神経細胞がダメージを受ける。脳の神経細胞突起を伸ばして情報伝達するが、そのを機能が障害をうける。これで、気分の落ち込みや無気力といった症状=うつ状態になる。それが最初に考えられる「うつ」の原因である。

  5億2000万年前の魚に外敵から身を守る機能が脳にあった。それが扁桃体である。扁桃体は敵が近づくと危険を察知し活動した。扁桃体からストレスホルモンが分泌され、全身の筋肉が活性化する。すると、魚はこの仕組で運動能力を高まり、素早く天敵から逃げることができる。危険が去ればストレスホルモンの分泌も収まる。

 しかし、この天敵から身を守る仕組みが、「うつ病」と深く関わる。 人類の祖先(アウストラロピテクス)は、アフリカのサバンナに暮らしていて、大型の肉食獣に襲われる弱い立場であった。厳しい環境から身を守る術として身につけたのが「恐怖」に対する反応「すばやい逃走」である。それで、「命を永らえてきた」のである。
000032
 この「命を永らえてきた」機能は、「扁桃体」と隣りの「海馬」が連動し、強い記憶として脳に蓄えられる。この記憶は繰り返し「ストレスホルモンの分泌」する。うつ病の原因となる扁桃体を激しく活動させます。「命を永らえてきた」メカニズムによって脳の神経細胞がダメージを受け、苦しめられる結果になる。
 

 
 魚類→は虫類→哺乳類→猿人類と進化をし、この猿人類の時代に入ると、扁桃体は天敵以外にも反応をする。番組ではうつと診断されたチンパンジーが紹介されていた。
000050 そのチンパンジーは子供の頃に感染症の疑いから1年半隔離されていたことでうつ病を発症した。孤独になったチンパンジーは孤独でないチンパンジーに比べてストレスホルモンの量が多くなると分かっている。人間と同様に集団社会を形成するチンパンジーは、仲間から隔離され続けると、不安や恐怖が生まれ、扁桃体が激しく活動する。それは行動に影響を及ぼし、チンパンジーは重いうつ病になることがある。

033
 およそ370万年前には、人間は、記憶もストレスとして反応するようになった。人類の進化によって、脳には言語を司るブローカ野という部位が発達した。他の人から聞いた言葉にも扁桃体が活動するようになった。扁桃体を働かせてしまう怖い記憶がさらに言葉によって急激に増えてしまった。

000022「扁桃体を働かせてしまう」原因は、天敵、孤独。記憶、言葉というように、だんだん増えて、ストレスは多くなった。ストレスホルモンで、脳の神経細胞は傷つけられている。現代は生き抜くのが大変だ。それでいて、「希望をもって前を向いて元気よく・・・」と、励まされる。しかし、人によっては「辛い」と思っている人も多い。ソレが現実だ。

 親戚のKさん宅に集まったとき、Kさん、軍隊では、ラッパ手で「起床ラッパ」を吹き、夜は「消灯ラッパ」で「新兵さんはつらいのね、又寝て泣くのよね」と吹いたと昔話をする豪傑だったが、商売がうまくいかなくなってからは、元気がなかった。
「お前は、元気だね」と言われたが、私だって悲しいことも、うまくいかないことはあったが、カラ元気で声だけは大きくしゃべろうと思っていた、それだけだったが、他人にはノウ天気に見えたかも。それがウツを追っ払う方法だと思っていた。
 それから、数年して余病を発症してなくなった。ウツ病で体が動かなくなって、臓器の働きが悪くなるのだろう。

 相撲取りが「白星が薬だ」というのに、ウツの治療は似ている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 

062004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link 

データ入力(文字入力)エクセル入力
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/
アンケート入力

http://www.nozawa21.net/アンケート入力/
アンケート処理  1000件以上を想定
 

  録音テープ起し
http://www.nozawa21.net/テープ起こし/

研究講演、授業の音声の記録を文書化に役立つ
財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位
クリック
http://www.nozawa21.net/お問合わせ/ 

  執筆代行(ゴーストライター)
http://www.nozawa21.net/執筆代行/
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの作業。
著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを表現する作業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 秋の夜更けに ちあきなおみの歌 一曲いかが  | トップページ | みのもんた降板記者会見 急にみんな強気コメント »

生き方」カテゴリの記事

病気と健康」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

コメント

http://www.nozawa21.net/お問合わせ/

投稿: お問合わせ/ | 2014年1月 7日 (火) 23時12分

ソ連も中国共産党も、北朝鮮も、平等を旨とした政府だったのだが、どこもうまくいかなかった。それはなぜだ?・・・この問題を追及すると、話が長くなるから、きょうは「うつ病」の話だけにする。

投稿: 中国共産党 | 2015年8月29日 (土) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の夜更けに ちあきなおみの歌 一曲いかが  | トップページ | みのもんた降板記者会見 急にみんな強気コメント »