« 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の歌を姉が歌っていた頃 | トップページ | この頃どうした?中国 景気低迷、汚職横行 »

2013年9月24日 (火)

ロバート馬場、モンゴルで絢加先生に日本食おもてなし

000109

 ウランバートルからさらに電車で6時間にチョイルという町がある。そこで日本語教師の資格を取った。独身の女の先生が日本から赴任してきている。その経緯は詳しくはわからないが、モンゴルの小学校で日本の文化を教えている。そこへロバート馬場がお料理のもてなしに出かけた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 からくりの番組で、芸人が料理をやる場合、あまり見る気がしない。大体が安上がりの埋め合わせが多いが、今回のモンゴルの「料理おもてなし」は、費用のかかったいい番組つくりだった。
 

000085「ロバート」の馬場裕之(34):血液型A型。通称、「馬場ちゃん」。福岡県北九州市門司区出身。181cm 。門司北高校卒業。1998年 ロバート結成。相方、上半身裸で面芸の秋山竜次とは幼稚園から高校までの同級生。特徴は緑色の髪の毛(2008年春まで)と両耳にあけているピアスで、髪は青緑色・赤色・紫色・金髪の時もあった。ロバート馬場は、お笑い芸人界では、お料理メンとしてよく知られた青年。

000103
「さんまのからくりテレビ」に中学生くらいの視聴者から、「モンゴルに行っている先生に日本食を届けてほしい」という希望が番組に来て、それを「ロバート」の馬場裕之が実現したのだった。その先生、名前は山中絢加先生。
山中絢加先生 ブログ
Баярлалаа★~Ayaka in Mongolia~

000050
000027_2 先生は、日本で教員を6年経験をして、教え子たち、中学生になっていた。モンゴルでの活躍を先生のブログ読んでいて、それを通して応援していることも、「からくりテレビ」番組内では紹介していた。彼ら教え子が、番組に「先生におもてなし」をしてほしいという投書したのだ。

 先生が必死というか、熱心に子供に夢を与え、励まし続けていた学校でのふれあいが伝わるエピソードが何人かから伝えらえていた。大人の付き合いと違って、教え子と先生の関係、人生に大きい影響があるのを知らされる。
 いやいや、小学生が中学生になる・・・たったこれだけで、感動だ。小学生が中学生になるのは、当人にとってはごく当たり前であるけれど、親みたいな形で見る視聴者には、“感動”ですよ。「からくりテレビ」の出演者、鬼奴涙流してみていたし、「こういう先生は、結婚式に招待される。そのご祝儀、私が負担したい」とか関根勤は、涙ぐんで言っていた。さんまも感動していた。000031
 生徒たちに慕われているのは、感じられた。生徒たちが、山中絢000048
加先生の与えた夢、希望の種を生徒たちの胸のうちに植えつけて別れても、それがそれぞれ育っている・・・テレビは紹介していた。

000053000060横浜のポスター展で入選したという少女は、絵に将来をかけようとしていたし、剣道二段の少女、美術で特選に入った人、ヨーヨーの名人とか、ピアノ連弾する000062
000069二人組とか、勉強をがんばる人とか・・・先生に報告する画面も見せて・・・

 それらは、ロバート馬場の日本食もてなしのおまけとして紹介していたが、先生という仕事の充実感を伝えた。よかった。先生をやっていて、ほんとうによかった。

 ひとつ、おまけ、「ギョギョ、ギョギョでございます」の、有名なさかSakanakun_121220
なクン(東京海洋大学客員准教授)今から、7年前、ある番組で7,8歳の女の子が番組で一緒になったのだそうだ。それが、「東京海洋大学」の授業を終えたあと、「私わかりますか?」と来たそうだ。今から7年前にさかなクンと一緒に番組に出て、魚に興味をもつようになり、「東京海洋大学」に入学してきたのだ、あのとき一度の遭遇、一緒に出演したことで、魚に興味をもち一念を貫いて、少女が大学へ入学してきたのだ。それをとても嬉しそうに「小堺一機のごきげんよう」で紹介していた。
 将来へ大きな影響を与えるのは、「いつなのか?今でしょう!」と言いたくなる。

 話を戻して、
 「山中絢加先生への日本食おもてなし」は、ロバート馬場は、にく000079じゃが、天麩羅、おさしみ、モンゴルでは食べられないもの、日本の味を山中絢加先生含めて仲間四人(海外青年隊?)にもてなした。みんな、料理を食べながら涙ぐんでいた。料理で泣かすのは、男料理人冥利につきる。さんまは「ああん」って女の子に料理で言わせるのは(すごい)、と意味
深な表現で笑わせていた。

 トランク三個に料理の食材を詰め込んで・・・ということは、番組終わってから、ロバート馬場は、スタッフや関係者に料理を振舞っただろう。彼の腕で、調理した料理を食わせたら、全員大喜びだ。彼の人気がスタッフに高まり、今後の起用に大いにプラスする。それを勘定にいれて、モンゴル行きを決めていたように見える。
 

000036000041 肉じゃが、天麩羅(野菜、えびふらい)、こぶ締め鯛のおさしみ、隠し味を駆使して下調理していた。普通は日本で、それらを食べても泣かないだろうが、モンゴルの大平原で、日本料理を一年も二年も食べられなかったら、もう嬉しいだろう。腹一杯、日本の食事を食べて、涙涙の大感動だった。

000086 モンゴルでは、日本のように調味料は使わないらしく、サンマはかって番組で行ってモンゴルの牛肉を食ったら、その臭みで驚いた話を口の中で、牛数十頭が駆け抜けたかと思った、というほど、異(胃)文化ショックが大きいのだ。
 

 山中絢加先生コメント_9902
 私がとても感動したのは、芸人さん、スタッフのみなさんの心遣い。休みなく多忙な芸人さんの笑顔と優しさに感動。モンゴルの食べ物を喜んで食べてくれたことも凄く嬉しかった。
 一時間の中の10数分の枠の為に何週間も前から何度も連絡をしたり、モンゴルに足を運んだりして番組を作り上げるその過程やスタッフ、現地コンダクター、関係者の方々の熱意は衝撃的でした。!
 モンゴルやチョイルのよさ、協力隊の活動の様子が少しでも伝わり、世界に興味をもつ子どもたちが増えることを切に願っております。本当に一生の思い出になりました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link 06

2004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link Kanban2
データ入力
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。
《→
データ入力詳細へ


アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ


録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。             《→
録音テープ起し詳細へ


執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。                                                                           《→執筆代行詳細へ

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の歌を姉が歌っていた頃 | トップページ | この頃どうした?中国 景気低迷、汚職横行 »

教育」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の歌を姉が歌っていた頃 | トップページ | この頃どうした?中国 景気低迷、汚職横行 »