« 平成25年 八月十五日靖国・千鳥が淵霊園01 | トップページ | 愚民「B層」をC層は止められるか。「週刊新潮」夏季特大号 »

2013年8月16日 (金)

平成25年 八月十五日靖国・千鳥が淵霊園02

 1756_2 霞が淵霊園の戦没者図の前で、必死にミンダナオ島周辺に指でなぞるの男性に「どなたが亡くなったのですか?」と声をかけると「父が、ここホロ島(ミンダナオ島西南の海上)で戦死したのです」と話しをしてくれた。ホロ島、ホロ島・・・と探しても、バシラン島の西は、ないも同然。なかなか見つからない。
平成25年 八月十五日靖国・千鳥が淵霊園01
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Mindanao_2Photo_2 ホロ島に駐屯した日本軍は7000名だったという。意外と多い。
 アメリカ軍の作戦としては、フィリピンの占領がまず優先したはずだから、ミンダナオ島から離れた島がそんなに人員を割くだろうか。日本軍が空港を建設し始めたもかもしれない。一機だけ戦闘機を持っていたのが、ゲリラから報告があったのだろうか。

 ウチの墓の裏側に「ガダルカナルにて戦死 ●●軍曹」と真新しい卒塔婆に墨で書いてあった昭和21年。この意味を知ることもなく過ぎてしまったが、ミッドウエィ海戦、日本が負け始める日米の分水嶺だったが、次の大敗戦がガダルカナル、かの有名な一木隊の突撃上陸で全滅で続く戦いである。Photo

  ガダルカナルは、連合軍(アメリカ)が、失った太平洋の覇権を挽回するための日本の勢力圏を北上するルートにあたる。その防御の日本は、アメリカの物量作戦とぶつかる。
 この戦を見て、日本人の辛抱不足を感じる。一時の感情で勝ちにいくせっかちさ、もっと先を見て、無駄な消耗をしないでチャンスを見つけて勝つ、大局観が不足している。一木隊長は、有名なインパール作戦で数万の餓死者をだした某将軍の部下で、かわいがられた。猪突猛進の性格が見込まれたのだろう。

兵士たちの戦争 ガダルカナル白兵突撃

 その島嶼がインドネシア~ニュージーランドまで連なる。一般人には、これらの島々へ関心持ってみることは少ないが、戦争中は、日本人の関心事になるのである。

 そのアジアの島々を日本が広く守備範囲にしていたのは、第一次世界大戦などで、日本の委託統治をまかされていた。それを手放すには、日本の指導部、軍部としては考えられなかった。しかし、開戦から半年以降は、制空権も制海権もなかった。 1762_2熱心に太平洋の真ん中を指でさすっていた方に
 「どなたが亡くなったのですか」と聞いた。「オジです」と、オジは、徴用されて商船と共に南方へ送られた。帰ってきたのは、木箱のみで、何も戻ってこなかったという。海のもくずになったのだろうと。
 その当時の常識ではあるが、多分米軍の魚雷で沈没したのだろうというのみで、その方は、オジがどういう状況で死んだか、ご存知ないようだった。

 昭和18年、日本の海軍は、徴兵した兵士を輸送する船がなくなったので、民間の船を徴用して南方へ食糧や兵器を送ろうとした。オジサンは、商船会社に勤めていて兵士ではない。商船と人員を徴用されて南方へ送られた。どこへ行くというのは、軍事秘密で知らされていなかった。

 その当時の日本の輸送は、敵の攻撃を避けるため、数十艘の輸送船団を組んで、軍艦に護衛されて、戦地へ荷物を届けた。それを「護送船団」と呼んだ。「護送船団方式」という言葉が生まれ、今も使われている。
 その方式というのは、最も体力のない企業が落伍しないよう、監督官庁がその産業全体を管理・指導しながら収益・競争力を確保する。という意味で、使われている。

 多分、その方のオジさんは、船団の一艘に乗っていたのだろう。制海権をもたない中を航行するのは、命がけで、たいていは魚雷で狙い撃ちされて、無事目的地へ寄港できるのは、少なくなった。連合国の方針は、戦艦より弱いし、武器、食糧、兵員を止めれば弱っていく。兵站をやっつけるのが、連合国軍のやり口で、日本は「正々堂々と戦う」ことが基本精神だから、「卑怯」に見えただろう。

 当時の秘密事項は、「個人情報」ではなく、「軍事情報」だ。国家は秘密がすきで、夫が、父が、兄がどこへ送られるか、知らされない。当人にも知らせず、船が着いても、そこがどこか知らない兵士が多かった。後から漸くわかるにしても、戦闘要員には、余計な情報は不要だということだ。

 オジさんの死を語った方は、黙って一礼した帰った。多くの戦争の関わり方がいろいろあるものだ。

兵士たちの戦争NHKルソン島死闘  
ルソン島で人肉を食う敗走日本軍   
初年兵を死地にやった上官 
ある憲兵の記録 日本人のDNA 
戦争を知る人たちの記録   
ビルマの竪琴(竹山道雄)VTR見る 
硫黄島からの手紙 映画館で見た
 

終戦 荒廃した国土 忘れるな 
講和条約 日本は占領されていた 
白骨街道 戦争の影響 疎開、食料など 
日本軍の関与 集団自決、慰安婦問題 
被爆死体片付けた 広島高師の学生 
美しい国 命をかけた祖国
戦争を知る人たちの記録  
レイテ戦記 レイテ戦記2 レイテ戦記3 
兵士たちの戦争  ガダルカナル白兵突撃

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

 

06

 

2004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link 
Kanban2データ入力
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。
《→
データ入力詳細へ


アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ


録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。             《→
録音テープ起し詳細へ


執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。                                                                           《→執筆代行詳細へ

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

|

« 平成25年 八月十五日靖国・千鳥が淵霊園01 | トップページ | 愚民「B層」をC層は止められるか。「週刊新潮」夏季特大号 »

国家戦略」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成25年 八月十五日靖国・千鳥が淵霊園01 | トップページ | 愚民「B層」をC層は止められるか。「週刊新潮」夏季特大号 »