« 『南京戦 閉ざされた記憶訪ねて』深い傷に誠実に | トップページ | 八千代市長と市民の会 内輪もめ »

2013年8月30日 (金)

秋近し、私は何をしたのだろうか、平成25年8月末

02

 きょうは、最高温度が36度になるといっていたが、此れが最後の真夏日だろう。日ごとに季節は移っていく。日の出が遅くなり、日陰の長さが変わる。やっと、ラジオ体操を始めて1年が過ぎた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 運動することで、腸内活動が活発になり、快食快便になったし、いくら食べても体重が増えないし、体が軽い。
 とはいうが、体は器。この器で何をするか、それが問題だ。

 
 初秋を思わせるように、桜の葉が落ち始めた。青々した葉、その前は満開の桜・・・、日陰から眺めていた葉陰からスポーツセンターの桜の葉が落ち始めた。

 「少年老いやすく、学なりがたし」。昔の人は、人の一生を見通して、いいアドバスをしてくれている。それを馬耳東風で、アドバイスを身に着けていないと、「希望という名の夕食はわびしい」という言葉があったような気がする。国のために何かをして・・・と、昔の人なら考えただろう。「私は、一体何をしたのだろうか」ということになる。震災ソングの「花」にある。
【二部合唱】花は咲く【歌詞付き】

 それが脳裏に浮かんで、焦る人が意外と多い。うまく、定年まできているのに、最後の画竜点睛で、しくじって気落ちしている人もいる。病気・健康状態、経済状態、家庭問題とか、政治生命で・・・。
 本当は無病息災だが、多くの人は、全ての面で成功というわけにはいかない。一つくらい弱点があっていい。「一病息災」という程度で、ヨシとしよう。病でなくても、家庭問題でも、経済状態でも、名誉地位でも、少し残念なところがあっても、まあまあ、「生きているだけで、まるもうけ」精神を旨としたら、かなり気が晴れる。
竹内まりあ『人生の扉』五十路の応援歌 
エンヤの歌声を大晦日に聴く 
世界遺産 チェコ プラハの民主主義  
私の心は夏もよう 内館牧子と藤本敏夫 
吉田正シベリアで作った幻の4曲 
台風一過、秋を感じてニニ・ロッソを聴く  
夏川りみ 彼女の歌をYouTube聴こう  
本田美奈子が歌うドボルザーク新世界
 
ちあきなおみ 冬隣 喝采 紅とんぼ 
真夜中に倍賞千恵子を聴きながら   
手紙 拝啓15の君へ アンジェラ・アキ  
新宿駅裏「紅とんぼ」ちあきなおみ 

01_2 黙っていても、秋は来て、そして去っていく。白内障手術して以来、自分の顔や目を見る機会が多くなった。つくづくわが顔を見て、長年、よく表看板を努めてくれたもんだ、よしよし、ごくろうさん、と声をかけたくなった。

 生きることは、緩慢な死への途上だ、と誰か言っていたが、死を悲しいものだとは思わなくなっていく。「宝物」というには、口はばったいが、小学生時代の日記、中学生時代の日記が大事に保存している。それを読み返すと、命の終りを意識したことは何もない。それが、何十年も生きてくると、そろそろ・・・という意識が、ふと過ぎる。

 誰か困るだろうか・・・、あるいは、だれか悲しむだろうか。天寿を全うして「バンザイ!」といってもらえたらいい。
 友達も数年前までは、一割減だと思っていたが、だいぶ減った。一割五分まで減ったようだ。国の年金、あるいは健康保険も財政が厳しいというなら、「姥捨て山」「爺捨て山」へ、自ら登っていこう・・・仲間を誘って、そこで楽しく過ごすのもいいじゃないか。

 本当の目標は、人生300歳。それなら、あくせくしないだろう。それは現実的でないから、まず徳川家康の寿命76歳を最初の目標にしよう。それ越して元気だったら、八丈島、徳之島、どこか、日本国民は移住して、自給自足の独立国家にしてしまう。そういう独立運動したら、どうなんだろう。

 とにかく、国の借金1000兆円を越した。この膨大な借金を後世に残して、困ったものだ。医療も、葬儀も断り、自然ぽっくり死ぬ方法を考えないと、日本破綻の横車を押すことになる。

 税金逃れの預金の仕方があると、●●証券会社が電話を掛けてきた。オレの気持ちとしては、預金する余分のカネがあるなら、納税したい。納税して国がしっかり使ってくれたら、オレのカネが役立ったと思う。
 そう思う人が少ないのか、納税しないで、節税で税から逃れたいというのが大半だ。この税収からいかに引き出すか、それが国民の考えだろうか。気持ちよく、使ってくださいと納税したいものだ。

 今年の落ち葉を見て、「最後になにを食べるか」ではなく、「最後の仕事に何をするか」を考える。
Ux7 映画監督の新藤兼人は、妻乙羽信子の死後も、映画を作り続けた・・・、最後まで、戦争に反対する立場で続けた。作品を順番に全部みたいが、どこへ行けば見られるのだろう。
 1952年(昭和27年)、原子爆弾を取り上げた映画『原爆の子』(乙羽信子が先生役で主演)
 090
31歳で出征し、上官にはクズと呼ばれ、木の棒で気が遠くなる程叩かれ続けた。兵隊は叩けば叩くほど強くなると信じられていた時代だった。同期の大半が前線に送られ100名のうち、94人が戦死した。1945年(昭和20年)、宝塚海軍航空隊所属にて第二次世界大戦終戦を迎える。
100歳新藤兼人(映画監督)幸せな死 :
吉村公三郎映画 新文芸坐

 吉村公三郎の映画特集を池袋で見たとき、90代の新藤兼人の講演をした。しっかりした口調で話を聞いた。そこで、彼のシナリオの作り方を書いた本を一冊買った。アレから数年後、100歳で亡くなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

06

2004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link 
Kanban2データ入力
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。
《→
データ入力詳細へ


アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ


録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。             《→
録音テープ起し詳細へ


執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。                                                                           《→執筆代行詳細へ

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

|

« 『南京戦 閉ざされた記憶訪ねて』深い傷に誠実に | トップページ | 八千代市長と市民の会 内輪もめ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『南京戦 閉ざされた記憶訪ねて』深い傷に誠実に | トップページ | 八千代市長と市民の会 内輪もめ »