« 「慰安婦」証言 水木のぼる、90歳老兵、慰安所経営者、小野田寛郎 | トップページ | 今年も、八月十五日がやってきます »

2013年7月13日 (土)

吉田所長の死と事故との因果関係は極めて低い・・・というが

 東京電力福島第1原発の吉田昌郎(よしだ・まさお)元所長(58)が9日午前、死去した。彼は、死の原因は、2012年に食道切除術を受け、同年7月に脳出血のため倒れ緊急入院し、緊急手術といわれているが、原発事故と無関係とは思えない。ダレも、吉田元所長がこの事故で放射能を浴びたからとは、口が裂けても言えないだろうが、かれは原発の中心にいて、被爆量をいつも調べていたかもしれない。野口英世は、黄熱病原菌に罹患したし、キュリー夫人にしても、専門としていた放射能を浴びていたから死んだ。01

wikipedia参照
大阪府出身、身長180センチ。
大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎(15期)を経て、1977年に東京工業大学工学部を卒業。
 高校時代は剣道部と写真部、大学時代はボート部に所属。1979年同大大学院で原子核工学を専攻。通商産業省からも内定を貰っていたが、大学の先輩の勧めで東京電力に入社。
 社内の評価は「豪快」「親分肌」、部下思いのため現場の信望は厚く性格はおおらかといわれ、偉ぶることのない性格で、部下の社員のみならず、下請け企業の作業員からも人望があった。
 福島第一原子力発電所での部下だったサッカー女子日本代表の丸山桂里奈は吉田を「いつも優しくて、面白い」と評。
 
 幹部のほとんどが東京大学出身者から構成される東京電力の中、東京工業大学出身であったため、入社後は傍流中の傍流ともいえる道を歩み、各地の原子力発電所の現場作業を転々とし、本店勤務はほんどない。福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所両原発の発電部保守課、ユニット管理課などを経て、福島第一原子力発電所1,2,3,4号ユニット所長を務めた。

 2010年6月から執行役員・福島第一原子力発電所所長。4度目の福島第一原子力発電所勤務であった。2011年3月に東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所事故が起こり、現場で対応に当たった。4月にはジャーナリストの青山繁晴に、発電所内を公開した。しかし、内閣府原子力災害対策本部の理解を得られていないため、海水注入作業を一時中断せよとの東京電力本店からの命令を無視し、独断で海水注入を続けた。
 上司武藤栄副社長が解任を唱え、班目春樹原子力安全委員会委員長からも「中断がなかったのなら、私はいったい何だったのか。」などと不信の声が上がった。
 これに対し菅直人内閣総理大臣が
「事業者の判断で対応することは法律上、認められている。結果としても注入を続けたこと自体は決して間違いではなかった。」と解任は不要との見解を示し、武藤栄副社長らの解任論を抑えた。

 一方、ニュースキャスターの辛坊治郎は、このような原子力災害対策特別措置法に基づく意思決定ルートに反する行為を認めると責任が不明になる、と批判している。

 所長として、体調不良を押して4号機燃料プールの補強工事を行っていたが、人間ドックで食道癌が発見され、2011年11月24日に入院した。その後2011年12月1日付で病気療養のために所長職を退任し、本店の原子力・立地本部事務委嘱の執行役員に変更となった。

 東京電力によると被曝線量は累計約70ミリシーベルトで、医師の判断では、被曝と病気との因果関係は極めて低いとされている。米山公啓聖マリアンナ医科大学医学部第二内科元助教授は職責などからくる極度のストレスが原因ではないかと指摘。

 入退院を繰り返し、抗癌剤治療を経て、2012年に食道切除術を受けた。その後東京電力福島原子力発電所事故調査委員会の調査などを受けていたが、2012年7月30日、東京電力は26日に吉田が外出先で脳出血のため倒れ緊急入院し、緊急手術が行われたと発表した。容態については「重篤だが意識はあり、生命に別条はない。」とした。

この吉田所長の経歴と事故の関係を読んでいると、まさに日本の縮図を見ているようだ。

フクシマ真相語る「吉田調書」を明るみに、
放射能の拡散、日本はどこが安全か 
福島原発爆発寸前 東電本社と現地の画像公開 
原発・放射能の影響 
金町浄水場の水に放射能の影響 2011.03.23
原発事故の最前線の安全を守れ 2011.03.26
大本営発表?とうとう原発被害レベル7
  
原発事故の被爆、どれほどの危険か?
 
命を絶った酪農家 原発さえなければ
山本太郎Twitter 原発情報の信用度問う 
西山英彦(原子力保安院)から日本が崩壊
   
宮沢賢治似の反原発科学者 高木仁三郎 

被曝線量は、公衆トイレの中が多い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで頂いたら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
野沢工房
http://www.nozawa21.net
/
●データ入力(文字入力)エクセル入力
http://www.nozawa21.net
/データ・名刺入力/

●アンケート入力
http://www.nozawa21.net
/アンケート入力/
アンケート処理  1000件以上を想定

●録音テープ起し
http://www.nozawa21.net
/テープ起こし/
研究講演、授業の音声の記録を文書化に役立つ
財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位

クリック http://www.nozawa21.net/お問合わせ/ 

●執筆代行(ゴーストライター)
http://www.nozawa21.net/執筆代行/
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの作業。
著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを表現する作業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06 2004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介 http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 「慰安婦」証言 水木のぼる、90歳老兵、慰安所経営者、小野田寛郎 | トップページ | 今年も、八月十五日がやってきます »

事件、事故」カテゴリの記事

国家戦略」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

フクシマ真相語る「吉田調書」を明るみに

投稿: 吉田調書 | 2014年5月23日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「慰安婦」証言 水木のぼる、90歳老兵、慰安所経営者、小野田寛郎 | トップページ | 今年も、八月十五日がやってきます »