« 眼科医から白内障手術DVDをもらった | トップページ | 寺島実郎 経済:金融ジャブジャブ緩和の問題 »

2013年7月31日 (水)

クロアチア EUに加盟 その意味

0008 クロアチアはEU加盟、28カ国目になった。
 7月1日、バルカン半島に位置するクロアチアがEU(ヨーロッパ連合)に加盟。EU加盟国は1993年の発足当時12カ国でしたが、段階的に数を増やし、クロアチアの加盟で28カ国になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京成電車に高砂駅から乗ると、隣にヨーロッパの妙齢の女性が乗ってきた。そのころは、英語二級の検定をとったばかりだったので、英語が使ってみたくてブロークンEnglishで話しかけていた。
 その女性、クロアチアから来て日本旅行して成田空港へ行く途中であった。マニキュアが黒で、いい香水をつけていた・・・新聞記者でマスコミでも記事を書いている人で、私がしゃべりかけてきたのを楽しむ様子で、英語で対応してくれた。
 隣の夫は、英語がダメで、しゃべることなく見守っていたが、彼、人のようさそうなエンジニアであった。あのあと、クロアチアとユーゴが内戦状態になり、どうしたのだろう。あの人たちは。

 EUに加盟すると、国境審査は廃止され、欧州単一通貨ユーロへの参加となる。EUにとって加盟国の増加は、関税がない共通市場の拡大につながり、新規加盟国にとっても、域内での物や人の移動が原則自由になる。ヨーロッパ中心地にアクセスしやすくなり、人の行き来も自由で、アドリア海に面し、観光が主力産業のクロアチアにとって、EU加盟は観光客を呼び込みやすくなる。

 クロアチアがEUに2003年加盟を申請し、加盟申請から正式加盟までに約10年かかった。EUに加盟には「コペンハーゲン基準」を満たす必要があったからだ。
①民主主義や人権を尊重すること、
②機能する市場経済があること、
③経済協力のために加盟国として義務を果たせること、の三つです。

 クロアチアの加盟が難航したのは、①民主主義や人権の尊重、であった。
 冷戦時代、クロアチアはユーゴスラビア連邦の一部で、1991年独立宣言後も政府や裁判所で汚職が蔓延し、行政や裁判の決定にも公正さが疑われ、だから、今年3月にクロアチアがEU加盟基準に合格決定が出ても、汚職防止などを引き続き監視する必要がある、と報告されている。

 クロアチアをEU加盟に認めたか。
 背景に旧ユーゴスラビア内戦がある。それは、クロアチアを含むユーゴスラビア連邦の各共和国は、連邦離脱と同時にバラバラに独立をしたが、旧ユーゴスラビア連邦の主要国であったセルビア共和国は、各地のセルビア人勢力と宗教や生活習慣の相違で、内戦が発生。ロシアと関係が深いセルビア人は、他の民族的・宗教的に、旧連邦他の民族の諸国に対して自国の宗教や生活習慣を主張した。

Ussr_stamp_i_b_tito_1982_6k 分裂前のユーゴは、一人のカリスマ、チトーによって「非同盟社会主義国」として統一していた。チトーのカリスマと宥和政策によって、国内の民族主義者の活動が抑えられ、ユーゴスラビアを一つの統一国家にまとめられていたが、チトーの死後、カリスマがいないこの体制は徐々に崩壊していった。
 ユーゴスラビアという国(今や過去の国)は、そもそも一つの国になることが不思議な、「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字」と呼ばれた国であった。オスマン=トルコ帝国が崩壊した地域が独立し、第一次世界大戦でオーストリアが敗北し、オーストリア=ハンガリー帝国が解体したため、ぽっかり空いた地域が「非同盟社会主義国」ユーゴスラビアになったわけである。
 チトーは、オーストリア=ハンガリー帝国の一部、今のクロアチアの北西部、ザゴリェ地方(クムロヴェツで生まれた。父親はクロアチア人で、母親はスロベニア人で7番目の子供であった。少年時代、母方の曽祖父の所で過ごし、小学校に入学、1905年に卒業。
1907年、のどかな田舎からシサクの錠前屋の見習として働き出し、チトーは労働運動に関心をもち、初めてメーデー(5月1日労働者の日)を祝った。1910年、冶金工組合に加入。同時に、クロアチアとスラヴォニアの社会民主党にも参加。1911年~1913年、オーストリア=ハンガリー帝国内を転々としながら働く。従軍1913年の秋から、徴兵により兵役に就いて、1914年5月には、軍主催フェンシング大会で準優勝してから注目され始めた。

 Photo
 ユーゴ分裂の結果、内戦(一番大きな国セルビアと他の旧ユーゴスラビア連邦諸国との戦い)の影響は、難民の流出といった形で、隣接イタリアなどに波及。結局、西側の軍事同盟NATO(北大西洋条約機構)の介入と支援により、各共和国は独立を果たしたが、これらの戦闘はヨーロッパ諸国にバルカン半島の安定の重要性を痛感させた。

旧ユーゴスラビア連邦のうち、スロベニアは2004年にEU加盟を果たし、2007年には共通通貨ユーロも導入。セルビア、モンテネグロ、マケドニアも加盟交渉中です。

EU各国は、クロアチア加盟を必ずしも歓迎しない。2009年のギリシャ財政危機を契機に、ユーロに対する信頼も低下。ギリシャ支援を主導してきたドイツなどでは、EUを支える自分たちの負担が大きすぎるという不満が噴出。
 先行加盟したスロベニアが、ユーロ危機のあおりを受け、クロアチアはユーロ導入を当面見送る様子である。しかし、所得水準の低い国にとって、クロアチアに限らず、第二のギリシャ危機が到来する懸念ある中小国のEU加盟国には、ユーロ導入できることは魅力的である。(Wikipedia参照)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

06

2004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで頂いたら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
野沢工房
http://www.nozawa21.net
/
●データ入力(文字入力)エクセル入力
http://www.nozawa21.net
/データ・名刺入力/

●アンケート入力
http://www.nozawa21.net
/アンケート入力/
アンケート処理  1000件以上を想定

●録音テープ起し
http://www.nozawa21.net
/テープ起こし/
研究講演、授業の音声の記録を文書化に役立つ
財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位

クリック http://www.nozawa21.net/お問合わせ/ 

●執筆代行(ゴーストライター)
http://www.nozawa21.net/執筆代行/
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの作業。
著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを表現する作業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 眼科医から白内障手術DVDをもらった | トップページ | 寺島実郎 経済:金融ジャブジャブ緩和の問題 »

国家戦略」カテゴリの記事

国際情勢」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眼科医から白内障手術DVDをもらった | トップページ | 寺島実郎 経済:金融ジャブジャブ緩和の問題 »