« 中国首脳と役人、警察など中間層とのギャップ | トップページ | 「さんまのまんま」でサンマ、藤田憲子と交際宣言!? »

2013年3月18日 (月)

技術実習生「カキ打ち」中国青年 凶行の裏にあるもの

0025   8人殺傷「社長に恨み」と中国人実習生 他の7人は巻き添え
2013年3月16日 スポニチ
Ws000002 日本側のマスコミの報道、感想から感じるのは、中国人の気持ちと背景を斟酌していないという印象を持つ。日本人の立場から彼等に同情や親切にはしているが、通じていない。中国から来たという大きな文化や背景を背負っている。もともとギャップがある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本人への親切と同じに、良かれと思って大声で、「危ないぞ、そっちへ行くな!」と叱ったり、注意しても、意味が通じていない。意味もわからず大声で言われると、叱られているとか、否定されているとか、侮辱されていると勘違いしたまま行き違いが大きくなる。
この世代は、農村でも、一人っ子政策で、大事に育てられて「罵声」をあびせらる経験がないだろう。だから、怒声で叱られるとパニッくるだろう。日本人に似た顔の中国人には、日本人は安心して怒鳴れるかもしれない。
012
[
http://youtu.be/m5HjClVQ8go

 中国人実習生という制度、これが3K作業の労働者として、日本の産業を支えている。この制度は、フランスなどのヨーロッパの国々では、発展途上の国(トルコなど)から外国人が流入して、結婚して家庭をもつと、学校問題や生活保護、参政権など、あらゆる問題が発生してくるのを日本の政府は知っているのだろう。だから、中国の労働者を日本に永住させないためには、労働力のほしい現場に短期使って帰国させてしまおう、という行政との妥協で出来た制度だろう。この日本側の魂胆を公共放送では語れないから、報道とコメントが薄っぺらになっている。  中国人の技能実習生陳双喜容疑者(30)が、広島県江田島市のカキ養殖加工会社で8人が殺傷した事件で、殺人容疑などで逮捕された。死亡した社長の川口信行さん(55)に「恨みがあった」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。陳容疑者が川口さんを襲う中で、他の7人が巻き添えになった可能性が高い。
 30歳で所帯をもって一人子供がいる大人であるというが、カーっとする時は、ソレは関係ない。特に国の違いから「バカ」とか、「アホ」とか、「国へ帰れ」とかいわれると、自尊心の強い中国人は、地元日本人と違って、そういう言葉に反応が強く傷つくのが大きい。もちろん個人差は大きいだろうが。

 捜査関係者によると、陳容疑者は作業所2階にある自分の部屋から階段を下り、作業中の川口さんにいきなりスコップで殴りかかり、胸や腹を複数回刺した。
 陳容疑者はこの後激しい興奮状態に陥り、作業所にあったくわやスコップを手当たり次第に振り上げて暴れだしたという。


0018  死亡したもう1人の橋下政子さん(68)は、作業所と道路を挟んだ反対側で倒れていた。県警は目撃情報などから、陳容疑者が橋下さんを数十メートル追い掛け、スコップで頭を殴って殺害したとみている。
 陳容疑者は自ら胸を刺すなどして重傷を負い、14日いったん釈放された。現在は広島市内の病院に入院しており、県警は回復次第、来週にもあらためて殺人容疑などで逮捕する方針。

022  知多半島の突端へ行ったとき、近くのレストランの裏で、魚などの材料運搬口で、日本人ならOLとして働いていそうな中国女性や中国青年が、裏方の仕事をやっていた。こういう労働力がないと、成り立たないのが日本の実情だ。
 彼等と一緒に働いた経験ある近所の人(調理師)に聞いたのだが、「言葉が通じない」という。彼等は賢い子が多いが話が通じないんだ。手真似で話すと大体わかる、と聞いた。

「向こうの子の言葉を覚えればいいじゃない?」と言ったが、そういう姿勢が日本人側にないのが普通らしい。中国から来た子も、日本語を覚えるより「稼ぐ」のが大事だから、あまり語学習得に熱心ではない。
 戦前、朝鮮、中国大陸へ行った人も、日本語で通した。現地の人が日本語を覚えてくれた、とその姿勢を疑っていなかったが、それが間違っているのではないか。現在の技能実習生に接する日本人も事業主も、同じものがある。身を低く、実習生に接しても、ソレに応え手くれるとは限らない。

 日本へくる留学生も、日本で仕事したくて実習生として生活のための人と、東大大学院へ入るためにくるレベルでは、学力・知性において雲泥の差がある。中国の大学は国立が省に国立大が一校しかない。だから、北京大、上海大、安徽省にも一校という具合で、それぞれが、日本の京大、東大、東北大レベルだから、そういう大卒と、一般庶民とは知的レベルが明らかに違う。日本へくる中国人は二分されている印象がある。

 日本人でも、語学の上達の早い人もいれば、そうでもない人もいる。始めてボランティア行った日に、40歳越したイラン人の方を教えたが、20代後半イラン人の通訳を介して、カレは「日本語はエジプトの象形文字よりわからない。20年やっても、日本語はムリ」と投げ出し、その日に二十の日本語を覚えてもらうのは難しかった。やはり20代だと、覚えが早いし、カラオケに入り込んで、一年で日常会話が自在になる人が多かった。
 まじめなスリランカ人は、小学生の国語の教科書を6年間分を一~二年程度で毎日音読して、自由にしゃべれるようになり、日本語検定を受けて合格していた。

 中国からいろんなツテで、日本に入り込んだりしている。「実習生で留学」と言う言葉を始めて聞いたのは、『日本語教室』でボランティアに行っていたときだ。
 あるパーティで、ボランティアいくとイベントが多くて、彼等を歓待する意味もあり、盛り上がる。中国の少数民族の出だという女性に会った。歳のころは20代後半から30代前半。彼女は「実習生」できたのだが、日本人と結婚して子供もあるという。妙に慣れ慣れしい。よく聞くと、夫となった人が私の年恰好で、その男が最近帰ってこないのだという。
 男は逃げた・・・な、と思いつつ、彼女の話を聞いた。
 相当のカネをつんで「実習生」になって日本に来て、家にお金を送っていた。山岳地帯の少数民族で、都市部の女性と違って、やや女ぽさが少し欠けている印象はあるが、悪い人ではないのだが、日本男性の浮気性に悩まされて、小さな子を抱えて苦しんでいるのが見えた。日本にいては、こういうときにはどうしたらいいのかという相談・・・・だった。

 実習生で来て、学校へ行くのは口実で、大体は働いてカネを稼ぎ実家へ送金するのが目的のようだ。日本人は「技術実習生」制度は、関心ないから知らないのが普通だ。しかし、来日する中国人は詳しい。よく知っているから、応募して日本にやってくるのだが、中国の物価や給料水準が上がれば、日本に来て言葉の苦労や人間関係で悩みたくないから、徐々に減るかもしれない。

高校生くらいの歳で、日本へ来て、数人グループである零細企業へ住み込みで働いていたら、息子の嫁になってほしいといわれ、結婚した。今は姑である母親にいびられて、子供まで取り上げられて・・・、という相談を受けた。子供が生まれ1年と数ヶ月で、一度中国へ帰って報告してくるというとき、子供を置いていかせて、人質みたいにされ、数ヶ月後、帰ってみると、息子はアパートから実家へ戻り、親と同居して、結婚の実態はなくなっていた。子供も母親になつかせて、離婚状態になっていたという。日本人はこんなにつめたいのか、という感情のすれ違いだ。

この「技能研修」制度は、技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・ ... 技能実習制度は、最長3年の期間において、技能実習生が雇用関係の下、日本の産業・職業上の技能等の修得・習熟をすることを ...
 国が定める「技能検定基礎2級」相当に合格する等、所定の要件を満たした場合には、同一機関(会社)で実践的な技術習得のために雇用関係の下で
更に2年間滞在することが可能となる。これを技能実習といい、研修・技能実習と合わせると最長3年間の滞在期間となる

 河野太郎議員(自民党)は自身のブログにて、本制度も含めた日本の外国人労働者受け入れ政策を「ほとんどイカサマ」と発言するなど、問題認識は広がりつつある。

 日本の産業現場の要請と中国人の出稼ぎ需要を合法化してあるだけで、現場で技術を習うなどという甘い話はほとんどない。十数年前なら、日本で稼いだ1万円が中国では20万円の価値があった。だから、低賃金で中国人を働かせるのは可能であった。しかし、今は中国の平均月収は3万円。カキ打ちの時給は750円、750円×1日6時間×=(25日)一ヶ月=10万円~12万円。中国で働く場合の3倍は収入がある。コレを元に、車を買うとか、家を建てるとか、希望が持てる。特に農村出身者には、制限された日本にいる日時をムダにしたくない。
 
日本人並みの給与でないと、嫌がるだろう。言葉の通じない環境で、厳しくあたると、中国人の血が騒ぐ。メンツを丸つぶしのような言葉でいわれては、カーッとなる。

 中国女性は、日本人と結婚すると、この「実習生」から抜けて在留期間の制限が外れることを、常識として、知っているから、偽装結婚をしたがる。結婚して一ヶ月で消える、悪質な結婚詐欺のような場合もある。結婚したいのに結婚できない日本男性が多いという背景もあるから。複雑怪奇。政府は、中国人が日本定着して子孫を増やされて、学校教育の負担、医療費の負担、日本人の職場への侵略も困る。

「最長3年で中国へお帰りを願って、再入国はお断り」という「技術実習生」制度が、「美しい国」日本にはいいのだ。3K労働の担い手の若い力を美名で働かせる「美しい国」の制度がうまく稼動している。
 「カキ打ち」作業が「技術実習生」制度の実態だ。中国に置いてきた妻と子が「人殺しの子」といわれると思うと、気の毒だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。  お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国首脳と役人、警察など中間層とのギャップ
日本が尊敬した中国 二胡の音色から思い出そうhttp://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-abad.html
中国漁船 違法操業の実態http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-0fc7.html
中国の空気汚染 PM2.5(微小物質粒子)http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-2712.html

攻撃レーダー照射事件 始末どう付けるかhttp://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/nozawa22-new--6.html
脱中国の動き加速 嫌ってるわけじゃないがhttp://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-39d3.html
福沢諭吉の脱亜論 中国の見方http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/nozawa22-new--8.html
森光子と赤木春恵 巡回劇団以来 刎頚の友http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/mmm.html

|

« 中国首脳と役人、警察など中間層とのギャップ | トップページ | 「さんまのまんま」でサンマ、藤田憲子と交際宣言!? »

中国問題」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国首脳と役人、警察など中間層とのギャップ | トップページ | 「さんまのまんま」でサンマ、藤田憲子と交際宣言!? »