« 「さんまのまんま」でサンマ、藤田憲子と交際宣言!? | トップページ | 「よい戦争、悪い平和」は、あったためしがない。(天声人語) »

2013年3月21日 (木)

今ならいくら慶長大判 すみよ先生宅で見た 

「なんでも鑑定団」をよく見るが、偽ものが多いのがこの番組を面白くさせている。ネームバリューがあると、高くなる。私の見方は、見た目が美しく、役立つことだが、価値というのは需要に比例しているから、ほしいという人がいる限り、どんどん価値というか値段が上がる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。  お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   昭和28年の夏休み頃だったと思うが、一級下の女の子数人がウチを訪ねて来て、「数学を教えてほしい」と玄関先で言われて、(オレが?オレに?)と仰天した。
 そのとき、すみよ先生(小学校一年時の担任)が、同じ町に住んでいて、先生が指名で
オレのトコへ来たというから、逃げるわけにもいかず、薄暗い灯りのモトで、一次関数のグラフの書き方を説明した覚えがある。数人女の子が付いてきたのに、聞いているのは一人だけじゃないか、と思ったが。y=1/2x+3と言った程度の問題だった。

Lrg_18633146  女の子に教えた数日後、呼ばれてすみよ先生宅へ行くと、おかしをご馳走になった。
 何の弾みか、先生は『慶長大判』をたんすの中から出してきて、袱紗に包まれた大判をテーブルの上で開き、皆に触らせてくれた。
 
そのとき、それが本物か偽モノが、疑いもしなかったが、子供相手に会話が弾んでいるわけでもないが、先生は、小学一年生の担任だったは覚えているが、小学一年では先生が妊娠中だったとは気付かなかったが、二学期は産休だった。晴郎君を生んだ。だから、ほとんど一学期だけの付き合いであった。
 新学期、最初の授業では、黒板に先生が自己紹介で「か・と・う・す・み・よ」と書いたが、私はそれが読めなかった。二三歳の幼少時は、私に父が文字が読めると自慢して連れ歩いていたのは記憶にあるが、母の病気で
我が家が混乱状態になって幼稚園もいけない状態になって、いつの間にか私は文字を忘れていた。

 それでも、祭りの絵を描くメンバーに選抜されたり、計算を早くやるから、先生には目をかけてもらっていた。
 四時間目が終わると、「先生、さようなら、みなさんさようなら」と立って挨拶して帰る。
 その挨拶のあと、突然、「桃からうまれた桃太郎」を演じた洋子ちゃんが、ジャジャーとおしっこ漏らした・・・・。先生は他の子を教室から出して、その漏らしたおしっこを雑巾で拭いていたとき、お腹が邪魔して苦しそうであったことだけはしっかり覚えている。
 その当時の児童数は一組50人以上はいたから、世話するのも大変だ。教壇の反対側の黒板にも絵か、文字を書いてあったのは、担任の仕事だった。そのころには副担任などいないから、妊娠中のすみよ先生にはキツかったのだろう。

 遠足の知らせを我が家の主婦である姉には言わなかったから、普段の通りに出かけて、遠足の先で弁当がないから、先生は欠食児童には蒸しサツマイモを1本もらって食べた。私も、その一本をもらって食べたが・・・、なんだろう、一年生に担任になると、体力的にきつそうだ。先生の目から見てしまう。
 その遠足の先は
寺だったが、大きな木があって、その根元によろいや武具を埋めてあるのだという伝承を聞いた。友人はアレは手賀野の寺だというが、私はずーっと、中津高校の横あたりの寺のような記憶だった。

 そのとき、生まれた先生の子が、中津の助役になったということを聞いた。先生は、家を建てるチャンスはあったのに、機会を逃してしまった・・・と、集まったときに聞いたような気がする。
 若い頃は、さぞ美貌であったような雰囲気があったが、東京でご主人は出征して、その後、戦死したのだろう。母子家庭で過ごしたような印象であった。まあ、先生はどうして亡くなったか判然としないが、そう長命ではなかった。
 あの「慶長大判」は、本物だったのだろうか。褒章として秀吉が、武勲を立てた家臣に贈ったものだったから・・・、よほどの武勲を立てた先祖がいないと、手にはいらないだろう。今でいえば、2000万円の価値があるというから、模造品だったような気がする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ   

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ   

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。   

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 「さんまのまんま」でサンマ、藤田憲子と交際宣言!? | トップページ | 「よい戦争、悪い平和」は、あったためしがない。(天声人語) »

故郷郷愁」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

先生は若い頃、さぞ美貌であったような雰囲気があったが、東京でご主人は出征して、その後、戦死したのだろう。中津では母子家庭で過ごしたような印象であった。そのとき、生まれた先生の子が、中津の助役になったと聞いた。

投稿: 中津の助役 | 2014年10月17日 (金) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「さんまのまんま」でサンマ、藤田憲子と交際宣言!? | トップページ | 「よい戦争、悪い平和」は、あったためしがない。(天声人語) »