« 中国漁船 違法操業の実態 | トップページ | 長寿DNAは遺伝する »

2013年2月28日 (木)

北方四島プーチンは「ひきわけ」というが

Photo_2 安倍晋三首相の特使として、森喜朗元首相は21日午後(日本時間同日夜)、プーチン大統領とモスクワ市内のクレムリン(大統領府)で1時間10分会談した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

423287_c450  プーチン氏は、昨年3月に北方領土問題で「引き分け」=「双方が受け入れ可能な解決策のことだ」と説明、「なかなか難しい問題だ」とも述べた。さらに、「日露間に平和条約がないのは異常だ」と語り、今年前半の首相の訪露に期待感を表明した。
 両氏は平成13(2001)年、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡すと明記した日ソ共同宣言を「交渉の出発点を設定した基本的な法的文書」(イルクーツク声明)で合意しており、会談ではその重要性を確認した。

 
森氏は会談で、今年前半に安倍首相の訪露を伝えた。プーチン氏は「首相の訪問を待っている」と述べた。「双方が受け入れ可能な解決策を生み出すべく努力する」と伝えていた。
 「(北朝鮮問題は)日露両国が協力する必要がある」と強調した。また、両氏は極東地域開発やエネルギー分野での日露間協力の重要性も確認。

 森氏は1月のBS番組で、択捉島をのぞく3島の先行返還論に言及。「北方四島の帰属問題を解決し、ロシアと平和条約を結ぶ」と、政府見解とは異なる発言した。
 政府は「(森)特使が日本の立場を逸脱することはない」(菅官房長官)というが、言質を与えずに領土問題解決の糸口をいかにつかむか、森氏は言葉尻を捕まれないか、心配している気配濃厚だ。
 北方四島の一番小さい島、歯舞、色丹二島で解決というわけにはいかない。国後を加えても、四島合計面積の半分に達しない。択捉島のいくらかを三島に加えてようやく、四島合計面積の半分になる。

 森本元防衛大臣は、結論(出口)を先に話合うと、してやられるから、まず四島は日本領土だという、(入口で)言質をとってから、二島か三島で平和条約を結ぶという主張を語った。戻ってくるのがいつになっても、潜在主権を認めさせるのを先にしてから、帰属を決めるのが一番いい。今択捉島にいるロシア国籍の人も安心して暮らせるだろう。

 プーチンは「北方ひきわけ」で解決しようというが、そうはいかん。そんな、終戦のドサクサに日本を占領しておいて、「許せん」というのが、私の気持ちだ。しかし、日本人は人がいいというか、健忘症なのか、いつまでも根にもっているわけではないが、事実だけは繰り返し伝えておくべきだ。

 ヤルタ会談で、日本の敗戦が事実上わかった段階で、ソ連は、8月9日、日ソ不可侵条約を破ってソ連の最南端から、満州、樺太から侵入しておいて、北海道まで奪おうとした。かろうじて防いだのだ。ロシアの願いは、不凍港を求めて南下政策を続けて、日本が窮地に陥ったのを好機と捉えて、侵略してきたのは、スターリン下のソ連だ。そのことを日本人は忘れた320pxyalta_summit_1945_with_churchiのだろうか。 

ヤルタ会談(Yalta Conference):1945年2月4日~11日にクリミア半島のヤルタにある宮殿で、アメリカ、イギリス、ソビエト連邦による首脳会談。
左からチャーチル英、ルーズベルト米、スターリンソ連
 
アメリカとソ連の間で秘密協定を締結。ドイツ敗戦後90日後のソ連の対日参戦、千島列島、樺太など日本領土の処遇も決定。現在も続く北方領土問題の端緒となった

北方領土 四島一括か 二島分離返還か:
北方領土解決 プーチン大統領で好機到来

 日本人は歴史を自分で勉強しない限り、中国や韓国が国民に(反日)歴史教育を教えているような教育を受けない。

 日本は近代史に関して、教える自信がないのだろうか。戦前の皇国史観教育で「天皇神格論」を教えるわけにはいかないだろうが、どうしたら近代史を勉強できるだろうか。
 シナ(支那)と軽蔑的に中国をいうリーダーに歴史を語られると、近隣で騒ぎが起きる。考えても見てみ、隣の親父を「ハゲ」とか「チビ」とか聞こえるようにいうのは、隣りが怒るのは当たり前だ。ウチ中でいうなら、ありうる話だが、外に聞こえる言葉は慎重にいうべきだろう。


 最近いわれているのは、中国、韓国、日本で、近代史をお互いに何を学んでいるか、共同教科書を作って近隣国の教育内容を知る試みをしたらいい。教科書を作ったが、受験世代では、そんな内容を学んでいる余裕がなくて、本当に学んでほしい対象の学生からソッポ向かれているらしく、普及しなかったらしい。

 未来志向で日韓両国で相互理解を樹立するなら、朴クネ新大統領を口説いて、青年層に日本と韓国の①「近代史教育を同じ教科書」にする試みをしてみよう。受験競争の谷間で、ムダをやれるなら、新しい国際交流が可能になる。日韓ができるなら、日中韓も同じ相互理解をやれる。そうしたら、反日暴動になる青年層もいなくなるだろう。
②日本語学校の建設も進めたいし、
③漢字500語共通化も考えたらいい。
④東京発→釜山→ソウル→平壌ピョンヤン→北京→モスコー列車
を走らせたら・・どうなんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 中国漁船 違法操業の実態 | トップページ | 長寿DNAは遺伝する »

国家戦略」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

日本近代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国漁船 違法操業の実態 | トップページ | 長寿DNAは遺伝する »