« 「みさと公園」水元公園の江戸川対岸 | トップページ | 「花は咲く」歌い、「絆」を叫びながら、ガレキ拒否するのですか »

2013年1月27日 (日)

アルジェの日揮 指輪の刻印イニシャルと数字が決め手・・・とは

Photo  指輪の刻印イニシャルと数字が決め手・・・ということは、遺体は無残な姿だったのだろう。だから、発見が遅れていたのだろう。銃撃戦で、頭部が吹き飛ばされていたのかもしれないのだ。
 通常、顔があれば、大方の人はわかるが、いや、死ぬと人の印象は変わる。ましてや、頭部を吹っ飛ばされていたかもしれないのだ。その現場にいたら、その凄惨さは耐えがたいだろう。社長会見も、感情を抑えて抑えても、アレだ。

 ニュースを見たい方は、こちらへ→
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230126007.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
385772l 新聞報道には、遺体の無残な姿は一度も写されていない。それでいいのだろうか。私はいつも疑問に思う。
 間接的な表現で「指輪の刻印イニシャルと数字が決め手」となって日揮の最高幹部新谷正法(66)さんが確認されたと、死体の凄惨さが微塵も表現されていない。死の無残さ、凄惨さに目をつぶっていいのだろうか。それを疑問に感じている。日本の伝統だ。
 日本人の独特の美意識というか、死者に対する敬意が、表れているというが、本当は・・・別の意図があるのかと疑ってしまう。

 戦闘銃撃の遺体とは、首がない
20130127k0000m040089000pとか、胴体がちぎれていたり・・・、頭がい骨が割れていたり・・・、そうなりがちだ。戦闘とは、そういうものだろう。
 生前の普段の顔写真を掲出して、死は「●●●●(氏名)」となってしまう。
 生きていても「●●●●(氏名)」だし、魂が抜けても「●●●●(氏名)」だ。
 だが、本当の姿は、「指輪の刻印イニシャルと数字」が決め手になるほど、肉体はぐじゃぐじゃになっているのにもかかわらず、だ。


Senbotu9196戦中の戦死者、写真はきれいなままであるが、〈靖国神社遊就館に飾られている軍人軍役の顔写真)実際の死は無残な姿だっただろう。

 

 それを想像してくださいとは言えないが、ましてや、痛ましい姿の写真を公表できない。
 建前は、それでいいのかもしれないが、私たちは、現実を知らないままでいいのだろうか。生き残っている人は、死の現実を知らないまま、また普段の日常に戻ってしまって、いいのだろうか。死者を見せない文化は、きれいなままの、けがれなき理想だが、そうじゃないのが現実でしょう。

 

 考えてみたら、死者の側にも一つの社会がある。生きている人たちより大勢いる社会がある。ひょっとして、死者が生きていた社会を反省して、現実社会で死を経験しているから、よい社会を構成しているかもしれない。

 「死の凄惨さを知る」見せないことが、人間社会の改善を阻止しているかもしれない。「死の凄惨さ」を見ることは、人間に課せられた課題であると、私は信じている。これを知ってこそ、新しい対策が考えられると思っている。
 だからといって、新谷さんの遺体を見せろというのではないが、日本文化の「忌文化」現実を避ける風習を根本的に検討する必要があると思う。
 悲惨さ、悲しみの現実、死の現実、これらは、私たち生きているうちに見るべきものだと思う。医師や警察官しか見ないのは、問題だ。

 

 日揮の最高幹部とイギリス企業のBPの最高幹部の話し合いが行われることを察知して、アルカイダ系血命団では、内部通報者から、この情報を手に入れて、決起予定日を決めたと考えられる。

 二か月半ほど前から計画を練って、内通者の証言から、プラント内の区割り、居住地の部屋割りの図を作成している。早朝4時ころから総勢40名で、600名の軍で守られているプラントの検問を突破している。死を覚悟して取りかかっている。死を賭してキリスト教の信者にイスラムの考えでぶつかっている。ほとんど玉砕したが、これは、これで目的を達したと思うのだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

|

« 「みさと公園」水元公園の江戸川対岸 | トップページ | 「花は咲く」歌い、「絆」を叫びながら、ガレキ拒否するのですか »

ニュース」カテゴリの記事

国際情勢」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

アルジェの日揮

投稿: アルジェの日揮 | 2014年9月 6日 (土) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「みさと公園」水元公園の江戸川対岸 | トップページ | 「花は咲く」歌い、「絆」を叫びながら、ガレキ拒否するのですか »