« 散歩も、ラジオ体操も休んだ | トップページ | 「ホリディ」二週間ロスとロンドンで“ホーム・エクスチェンジ”評価A »

2013年1月17日 (木)

アルジェ天然ガス施設 ゲリラ襲撃日本人数名人質

0001400008  北アフリカのアルジェリア東部、天然ガス関連施設がイスラム武装勢力に襲撃され、2人が死亡、日本人や米国、欧州などの外国人が拘束された。死者のうち1人は英国人だったと報道。犯行集団は、フランスがマリに軍事介入したことに対する報復と宣言している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アルジェリア国営テレビが、ウルドカブリア内相の話として、この日早朝、外国人がアルジェリアの治安部隊に警護されて空港に向かう途中、20人ほどの集団に襲撃された。治安部隊の銃撃で武装集団はいったん退いたものの、関連施設で外国人とアルジェリア人を人質に取ったという。人質の数は9人とも12人とも伝えられる。

この記事を書いている間に、事態は進展して、アルジェリア軍が包囲から戦闘に入ったと報道。そして、30数名の人質が死んだという。アルカイダ側の報道では、人質を安全な場所に移送させようとした車をアルジェリア軍の戦闘機がミサイルを撃ち込んだ、と報道している。
 情報が錯そうしていると何度も繰り返しながらの情報ステーション。そうして生存している人質は7名だという。その中で、日本人は一人、フランス人が一人、英国人二人・・・等、情報が流されているが、これも情報戦で実態はわからないという。情報が正しいなら、日本人は数名以上が死んでいる。安倍政権としては「人命を最優先」とお題目を唱えている間に、戦闘が激化して、死者がもう出ている。「人命の尊さは・・・」という間に、日本人のいうことは、銃撃一発で簡単に吹っ飛ぶ。

 事件の発端は、アルジェリアに国境を接しているマリの反政府組織(アルカイダ系)が、フランス人をターゲットにテロをやるから、フランス軍がそれらを取締り、相当数の逮捕しているから、その奪還が目的か、マリの北部が根拠地で、そこをフランス軍は攻撃して根絶やしにしようとしている。その勢力と連動して、アルジェリア内で人質作戦になったように見えるが、他の理由もありえるが、地元住民に支持されているのかもしれないが、フランスをはじめとする先進国の支配が一番の問題だと思うが、先進国側にいる我々が何言っても、アルカイダ側には受け入れられないだろう。
 だからと言って、和解するには、先進国側がよほど譲歩しないと、それはできないだろう。この戦争状態をどう平静にするか、誰の責任なのだろう。このままでは、ガス発掘施設も建設も安全に行うのは、かなり無理そうだ。

 イランに三井商社が巨大な原油発掘施設を作って、サテ操業する段階で、イスラム原理主義の政権になって、アメリカが攻撃して、三井商社の作り上げた原油発掘施設は、廃墟になった例がある。数千億円の損害を被ったはずだ。そういう損害、誰がツケを払うのだろう。

 ニッキという社名が連呼されている。「日揮」という外国で活躍する巨大プロジェクトをやっている会社が、人質被害にあっている。
 日揮株式会社=石油、ガス・化学などの施設プラント
などを提供するグローバル会社。事業紹介、会社情報、テクノロジー、IR情報、CSR/環境、調達情報の提供を行う。
創 立      1928年(昭和3年) 10月25日          
資本金      235億1,118万9,612円
従業員数   2,202名(2012年9月30日現在)
採用予定人数 100名程度 (2014年)
対象者
2014年3月に大学卒業、大学院(修士/博士)修了予定者
事務系 全学部全学科 比率は、文=1:技=3

技術系
土木・建築系:土木工学、建築学、建設工学、都市工学など
電気・電子系:電気工学、電子工学、制御工学、計測工学など
システム・情報系:情報工学、管理工学、経営工学、応用物理工学など その他理系:原子力、海洋船舶、資源、安全、環境など
初任給
総合職 修士  244,000円       大学  215,000円
一般職 大学  180,000円 専門学校 168,000円 
(いずれも2012年4月の実績)
昇給年1回(7月) 賞与 年2回(7月、12月)
時間外勤務手当、資格手当、通勤手当など

国内の石油精製プラント建設から出発し、世
界の石油精製、石油化学、天然ガス処理プラント、液体燃料製造プラントの建設。
世界のLNG生産量30%を建設の実績がある。
早くから海外にエンジニアリングの拠点を構築し、コスト競争力のあるプラント建設を実現し、メガコンペティションの時代を勝ち抜いて行けるエンジニアリング会社として・・・


 アルジェリアでは、天然ガスが豊富に埋蔵されていても、自国の技術では採掘できない。それをイギリスやフランスが採掘権を持っていて、それをやるにあたり、日本の会社がそこのプラントをお膳立てするという関係で仕事をしている。と私は理解している。
 このあたりの関係が複雑で、誰が主権を握っているか、報道されていないから、理解しにくい。

00011  事件の首謀者は、アルカイダ系のイスラム過激派の一派というところまではわかっている。犯行理由としては、マリ(アルジェリアの隣国)にフランスが武力介入してきた、という。それをやめさせるために蜂起したのだという。自国の問題を隣国で事件を起こすという、日本人の立場からは、わかりにくいが、このあたりは、アルジェリア政府の統治機能が働いていないらしい。

0002400025 犯行勢力は、ガス施設を占拠して、フランスのマリからの撤退を求め、アルジェリア政府はその施設の周りを包囲して、交渉は行わないと言って、殲滅する気構えである。

アルカイダ系の武装勢力は、人質の数人には体に爆薬を巻きつけて、包囲している政府軍が侵攻してきたら、「人質もろとも爆破してやる」と、牽制している。爆薬で人質を吹き飛ばす作戦で、人質をころしてまでも、強行突破するのか。
 日本人の心情としては、犯行グループと交渉して、人質の命を優先するが、アメリカとか、フランス、英国は、アルカイダ=悪者で割り切り、強行突破する。最近は人質の命より彼等の息の根を止めるのが主題である。だから、人質の命をあまり重要視しない。

 最大のチャンスをねらってやるが、アルカイダの要求を受け入れることは一切ない。これが、人間=猛獣の系譜のヨーロッパ人のやり方。アジアの農耕民族の末裔はそこまでクールの人殺しができない。
 日本企業が単独に仕事をしているときには、日本のやり方はできるが、今回のように、アメリカ人も、イギリス人も、フランス人も含まれている場合は、日本式な交渉は主導権は発揮できないだろう。

00035  すると、強行突破を容認することになる。
 外務省OB城内外務政務官が、現場に飛んだが、フランス人、イギリス人などの外国人の中にあって、日本が方針を通せるだろうか。アルジェの外務大臣に面会し、「人質の命を第一に考えて突入は控えてほしい」 と、日本人の常識を伝えたが、「それを考えた末の決断だ」と一蹴された。
 彼は、郵政民営化では、自民党方針に逆らって、あのときは、議場内で小泉さんの参謀をやっていた安倍晋三の説得を振り払って、反対投票をした。それで、公認がもらえず、刺客片山さんにわずかな差で落選し、三年の冷や飯を食った。その後は、選挙民に認知された。その間には、真鍋かおりとの対談をHPに利用した点を彼女に訴えられて、苦労した。

 今回は、社命で仕事をしていた日本人社員の命を落命させては、大変だ。
 小泉首相は、イラクで日本人青年がイラクで捕まって、「日本政府は、撤退しないと、処刑する」と、日本政府を脅したが、時の首相小泉純一郎は、「No」を貫き、日本青年は、処刑された。YouTubeで現場を実況された。あんなことになっても、小泉首相は日本の方針を貫いた。日本青年は、マスコミにも無視されて、同情はなかった。
 しかし、今回は、日本人社員の命を守れるか。
 アメリカを始めとして、銃規制がどうなっているか、オバマ大統領は殺傷能力の高いアメリカの銃を規制しようと法律の提案をしたが、上院は通らないし、多くの国民は、自衛の権利があるとか言って、銃を放棄する気がない。かえって、銃の規制法が成立しそうだと、アメリカは銃購入ブームが起きているという。とんでもない常識の国だ。
 そんな国を相手に、共同作業するときには、日本の意思が通るか外交の難しさを痛感する。
 解決と引換に、プラントはめちゃくちゃになり、人質は爆破される。殺すことが解決と思うな、うらみを買う。その恨みを永続する。イスラムの人たち対キリスト教市民との対立が解消しない限り、股繰り返す。

 十字軍
として、ヨーロッパから十次に渡って遠征をしたが、結局イギリス、フランス側が根負けした・・・それが十字軍の顛末だ。
 戦局的には、勝ったように見えても、アラブ人が死に絶えない限り、恨みの連鎖はつながる。宗教に信心深いのは、す晴らしいように見えても、何ら人生の助けになっていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 散歩も、ラジオ体操も休んだ | トップページ | 「ホリディ」二週間ロスとロンドンで“ホーム・エクスチェンジ”評価A »

国際情勢」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩も、ラジオ体操も休んだ | トップページ | 「ホリディ」二週間ロスとロンドンで“ホーム・エクスチェンジ”評価A »