« エイジ・オブ・イノセンス 濡れ場のない情事 | トップページ | 衆議院選挙 千葉2区2012年選挙情報 »

2012年12月12日 (水)

タモリの水死未遂事件を語る 笑っていいとも

0000 「笑っていいとも」に岡村隆史が、「あの事件をぜひ聞きたい」と言い出して、テレホンショキングで、岡村自身のことではなく、タモリが水死しそうになったときの話をタモリにさせた立ち上がって、タモリが自身の体験を語った。

んで楽しかったらクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今から十年余前の二月大寒であったそうだ。東京湾で船上パーティを催すため、岸壁に接岸したボートでその船に乗り込む予定であった。いい月の夜だったという。
 若いものに酒等を買いに行かせて、タモリは一人で船に乗り込もうと岸辺に来ていた。ボートで船に乗る距離はわずかであるから、危険はないものと、ボートにはロープでつながっていなかった。

0011_2  タモリはすでに酒を飲んでいたので、足元がおぼつかないから、慎重に降りて、ボートに乗り込んだつもりであった。岸壁に手をつけてボートに足からおりたのであるが、足は着いたが岸壁の手を放さないまま、足の力でボートが岸壁から離れ始めた。

0016  腕の力で岸壁に近寄ると信じて、なにしろ酔いもあるので、ボートの側面に膝から上の部分がだんだん岸から離れてしまう。ボートは係留するロープがない状態で置かれていたので、ますます離れてしまった。

ここまで離れると、ローラスケートでも自力で戻るのは困難であるが、水の上で、ボートのヘリで膝から上が水の上になった状態を挽回するのは、到底ムリでしょう。
0021 バランス崩し水中に落ちた
そのときの服装は、数十万円のロングコートを着て、スーツ、ネクタイして正装であったという。宴会の準備をしなければならないので、先乗りしておこうと、ボートに乗ったのだった。
 普通なら、ドンとボートに飛び乗るのを慎重に、岸壁につかまってボートに乗り込んだつもりだったのだ。特に酔っ払っているから慎重を期して乗ったのだった。

0024 海に落ちロングコートが被さって
 こんな寒い日に落ちたら、人間は持たないだろうと思ったそうだ。岸壁に手をついているからボートが動いても、止めることができるだろう。ロングコートを着ているし、慎重に慎重に岸壁につかまってボートに降り、それに乗り、すぐ近くの船まで移動するのだから、と油断があったのだ。

0032 やっと水面に顔が出たとき
両手を岸壁にあり、足はボートにあって、岸壁からボートは離れ始めた。上半身の長さ以上にはなれ、ダーダーンと、ついに頭から海に落ちた。頭というより手から落ちた。
 すると、ロングコートが頭の上を覆ってしまい、足がボートのヘリに絡まってしまい外れない。片足が船にとられ、頭は水の中で、ロングコートが上に被さっている状態になった。こうなったら、もうパニックである。さすがタモリ、焦りながらも、慎重に・・・
ようやく、足がボートのヘリから抜けて、ようやく頭が水面に出た。
0040
水中からボートに上がろうとしても上がれない
 
水の中に落ちて、何十万もするコートは水を吸って重く、下から引っ張るみたいであった。寒い、寒い、寒中に水のなかで、沈みながらロングコートを脱いだ。必死でスーツも脱いだ。靴だけは脱げない。
 人通りは多くないが、岸壁の前には道路がある。助けを呼びたいが、「助けて!」とは恥ずかしいので呼べず、「すみなせーん!」と声を上げた。しかし、ダレも助けに来ない。このまま死ぬか・・・、満月の明かりが見える。これが最後の月かもしれないと思ったそうだ。

0042 二艘のボートを捕まえ上がる 
 ボートに乗りあがるにも、首まで水の中から乗りあがるのは、体力がいる。不安定の片側からは乗れず、もう少し先に一艘のボートがあり、両方につかまって、何度も、何度もやって、やっと水から上がることができた。そして、「助かった」と思った。

0050  寒くて、寒くて、声を出しても、何を言っているかわからないほど、声はブルブル・・・膝はガタガタ・・・、オールバックの髪は、前に下りて
・・・(可愛いタモリさんになって)それが、まだネクタイだけはしていた。という話だ。

さんま 岡村隆史に恋のてほどき
岡村隆史の女性トラウマ ホンマでっか!
ブラタモリin早稲田界隈
赤塚不二夫 弔辞森田一義:

んで楽しかったらクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« エイジ・オブ・イノセンス 濡れ場のない情事 | トップページ | 衆議院選挙 千葉2区2012年選挙情報 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

死の招き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694939/48301070

この記事へのトラックバック一覧です: タモリの水死未遂事件を語る 笑っていいとも:

« エイジ・オブ・イノセンス 濡れ場のない情事 | トップページ | 衆議院選挙 千葉2区2012年選挙情報 »