« 『薄桜記』柴本幸 女優らしい女優 | トップページ | 東京も 2012年 秋になりました(平成24年) »

2012年11月 9日 (金)

雪村いずみ三人娘の生き残り 時代の花形だった

016   NHKのSongSongで雪村いずみを見た。
 ショーではない部分では、背中が丸くなって歳月は隠しようもないが、過去のヒットソングを歌うときは元気そうである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 三人娘、江利チエミ(満45歳没)、美空ひばり(満52歳没)と、今ただ一人残っている雪村いずみ(現在75歳)が、華やかに活躍したときは過ぎ去った。
 この三人共、音楽を正式に学んでいるわけではないから、楽譜が読めないが、歌のカンはいい。あの頃の人はみんな、努力家で、自分の才能と努力、そして運で、スターダムへ我流でのしてきた人たちだ。今の女性タレントとは、根性、タフさが違う。NHKのSongで雪村いずみが江利チエミ、美空ひばりと一緒の映像を見た。
江利チエミ・雪村いずみ・美空ひばり
http://youtu.be/auM0Xcdov-w ★

058 江利 チエミ(えり チエミ、本名久保智惠美、1937年(昭和12年)1月11日 - 1982年2月13日)(満45歳没):昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレントである。

美空 ひばり(本名加藤 和枝 1937年
(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)(満52歳没):日本の歌手、女優。昭和の歌謡界を代表する歌手・女優の一人。横浜市磯子区滝頭出身。精華学園高等部卒業。女性として初の国民栄誉賞を受賞。(愛称は御嬢(おじょう)。身長147cm。
005 雪村 いづみ(本名:朝比奈 知子1937年3月20日 - )は日本の歌手・女優・画家で、一般社団法人日本歌手協会相談役。愛称は「トン子」「トンちゃん」。朝比奈愛子は実妹、タレントの朝比奈マリアは実娘。
 1959年(昭和34年)頃にはミッキー・カーチスとの熱愛が話題を呼ぶ(婚約するも解消)。またこの年には、母親がつくった借財が8,500
万円に及ぶことが発覚。以後約20年に渡り借金返済に苦しむ。042
038  1960年(昭和35年)、全米縦断公演『ホリデイ・イン・ジャパン』出演のため渡米。ニューヨークラテンクオーター劇場を皮切りに全米12都市を一年にわたり公演。開演直後から大評判となり、翌61年4月には「LIFE」誌にも紹介された。
1961年(昭和36年)、アメリカ公演時に知り合ったテンプル大学の学生ジャック・セラーを日本へ連れ帰り電撃結婚。一子(朝比奈マリア)をもうけるも、1966年(昭和41年)に離婚し同年渡米。

057 雪村 いづみの人気、地位も、活躍したわりには、形に残っていない気がする。アメリカで活躍したものが、日本では評価されていないし、日本でうまくそのアメリカナイズされた踊りとか、歌がヒットしないと見ると、再び、アメリカへいくと前彼女が築いた人気がゼロになっていた。地を這うように数002 年努力したテレビに出られるようになったが、逃げ帰りたいような環境でその苦しみ悲しみを妹の朝比奈愛子に書き送っている。
 歌は、彼女の環境や心境を吹き飛ばす勢いで明るいが、普通の子には耐え切れないだろう。よくやっている。そんな印象であるが、今、歌が好きが歌っているし、ほかの歌手よりスケールが大きいのに、いまいち人気、地位が歌のような明るさがない。なんでだろうか。

 彼女雪村 いづみを見ていたら、かつてボストンマラソンで優勝した山田敬蔵を思いだしてしまった。
6 C0104793_13445022 70歳過ぎで、千葉の花見川団地のマラソン大会に出場していた。あるときは、島根大田市マラソン大会に招待されて走っていた。(常念さんから聞いた)花見川団地の走友会のメンバーが「山田さんは、走りは遅いが、長い距離になると俄然強い」と教えてくれた。
 山田敬蔵:秋田県大館市出身(※
明石 康も同市出身)。ヘルシンキオリンピックに日本代表として出場、25位。1953年4月20日ボストンマラソンにおいて2時間18分51秒で優勝。当時世界最高記録(のちに距離不足が判明)。 その活躍の様子は、1954年大映で映画1化「心臓破りの丘」。主演根上淳。
ボストンマラソン優勝年1953年にちなみ、ゼッケン
1953は永久欠番。2007年大会も4時間24分07秒で完走している。2009年7月81歳でフルマラソンから引退を表明。
 スポーツは記録でその老い、衰えを明瞭になるが、歌はどうなんだろう。あまり変わらないが、容姿だけは、確実に衰えてしまう。人気商売ではキツイ事実だ。名声だけは衰えないが。

明石 康は、1957年日本人で初めて国連職員に採用された比内町(現大館市)出身で国連事務次長まで上りつめた。 ボストンマラソン出場で来米した隣町出身の山田敬蔵さんを試合前に自宅に招いて食事で(秋田の味付け?)元気付けたエピソードを話していた。 ★https://youtu.be/WmiK6Yagq1g?t=5
★江利 チエミ(満45歳没)
美空 ひばり(満52歳没)
雪村いずみを残すだけだが、今
あの元気な頃が戻ってくるわけではないが、YouTubeを見ると、若かりし頃が蘇ってくる。
「読んだら ご挨拶クリックブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美空ひばり・江利チエミ・雪村いずみ ジャンケン娘
http://youtu.be/Z7FRfvQ9xbo ★★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

|

« 『薄桜記』柴本幸 女優らしい女優 | トップページ | 東京も 2012年 秋になりました(平成24年) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『薄桜記』柴本幸 女優らしい女優 | トップページ | 東京も 2012年 秋になりました(平成24年) »