« 女の衰え 尻についての考察 | トップページ | 世界的大ヒットPSY - 江南スタイル YouTube13億ヒット »

2012年10月 3日 (水)

TVで活躍、41歳の若さで…金子哲雄さん死去

080 「ホンマでっか」のコメンテイターとして、独特の舌足らずキャラで値切りの極意を説明する流通経済分野で活躍中で、若い学者というジャンルの人物。門倉貴史が目だっていたが、金子哲雄と分け合う立場であると思っていた。門倉貴史は、金子が病気の様子を見せていないから、まったく気づいていなかったようだ。金子さん…金子さん…尾木ママ、辛すぎます」と尾木ママ、沈痛な思いをつづっている。
んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2012年10月3日07時33分  読売新聞)
 流通評論家の金子哲雄さんが2日、肺カルチノイド(腫瘍しゅよう)のため死去した。41歳だった。
 告別式9月5日午前10時、東京都港区東麻布1の1の5心光院。喪主は妻、稚子さん。
 フジテレビ系のバラエティー「ホンマでっか!?TV」などテレビ、ラジオで活躍。流通ジャーナリストを名乗り、商品の価格が変化する仕組みを分かりやすく解説し、人気を博した。
 今年4月からは読売新聞水曜夕刊の「ポップスタイル」で、「金子哲雄の買い時予報」を連載していた。


金子 哲雄(1971年4月30日-2012年10月2日満41歳没)
Photo 出身校:慶応義塾大学 職業:流通ジャーナリスト、タレント、プライスアナリスト、中小企業診断士

千葉県生まれの神奈川県横浜市育ち。慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学文学部へ進学。大学卒業後の1994年(平成6年)に、株式会社ジャパンエナジー(JOMO、現在のJXホールディングス)へ入社した。
 同社と競合する石油会社系列のガソリンスタンドを対象に、ガソリンなどの店頭価格調査に従事していた。しかし、10億円以上の資産を持つ顧客との人脈を築いたことなどをきっかけに、入社からわずか1年でコンサルタントとして独立。
Ws000001 1999年(平成11年)からは、「流通ジャーナリスト(兼プライスアナリスト)」という肩書きで、価格調査のセンスやノウハウを生かした記事を流通専門誌や女性誌へ執筆するようになった。
2009年(平成21年)、京都産業大学大学院経済学研究科(通信教育課程)を修了。


流通ジャーナリストの金子哲雄さん死去
http://youtu.be/Wfb_854Xso4

 カルチノイド腫瘍(carcinoidまたはcarcinoid tumor)は、「癌もどき」(carcinoma-like)な病理組織像や生物学的(浸潤や転移能)を示す。それゆえ、境界悪性腫瘍、または悪性腫瘍と同等の扱いとなる。セロトニン、ブラジキニン、ヒスタミン、プロスタグランジン、カテコールアミンなどのホルモン様物質・神経伝達物質を産生する。
 肺・気管支、胸腺、膵臓のカルチノイドは、副腎皮質刺激ホルモン、抗利尿ホルモン、ガストリンなどを分泌する。
 診断のためには生検や切除検査が必須で、腫瘍細胞の嗜銀性や好銀性を染色確認し、神経内分泌顆粒の構成分子クロモグラニンAやシナプトフィジンを染色し診断が確定する。

 早期発見で、治療可能であると新聞記事にあるが、掛かる人が少ないから研究が進んでいないのだろう。

 おおたわら史絵は内科医だから、彼金子哲雄から病気につい2000001873て相談を受けて、アドバイスもしてだろうと思う。
 彼から最後のメールでは、二週間前、「死のカウントダウンが始まっている。覚悟した」という文章を受け取っている。と語っていた。(ミヤネ屋)この病気は、現在治療法がないと医師の立場で冷静に語っていた。
 41歳で、今マスコミに出て注目浴びて、これからというときに、命を奪われるのは、つらいだろう。ほんとの仕事はこれからだと思っていただろうに、残念無念!

秋の空に おおたわ 史絵
秋らしい 、
とてもよく晴れた日に、
空へ飛び立つ生命があるのです。
もう一度、
会って顔を見たかったな。
毎日毎日、
メールを送ろうと思いながら遠慮してるうちに、
今日を迎えてしまったよ
ごめんね。
最後に声をかけてあげられなくて。
でもあなたはとても愛されていた人だから、
きっと大丈夫。
おおたわ 史絵ブログより)

017んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 女の衰え 尻についての考察 | トップページ | 世界的大ヒットPSY - 江南スタイル YouTube13億ヒット »

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

病気と健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女の衰え 尻についての考察 | トップページ | 世界的大ヒットPSY - 江南スタイル YouTube13億ヒット »