« 笑っていいとも 与沢翼29歳 情報商材 年収12億円 | トップページ | クレイマークレイマー 息子置いて妻家出 »

2012年9月23日 (日)

吉田茂 ポピュリズムに背を向けて

 今の政治家は、世論調査とか、民衆の意見こそ「世論は正義」と、金科玉条のように、矛を政府に向けて叩く。吉田茂は信念を曲げない、大衆に迎合は絶対しない、選挙陳情にも会いたがらない。選挙演説さえしたがらない。一切のポピュリズムに背を向け、排している。
 ここまで、「ワンマン」政治をすると、すがすがしい。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

41t2f9sml__sl500_aa300_「オレは外交屋だ。政治屋ではない」
「日本の利益であったら、1を取るために9は捨てる」
「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」というのは、本の題名であるが、彼の真髄を語っている。

 第一次吉田内閣は、大衆人気を無視したから、国民の支持を得られず支持率は急落、吉田は政権から追われた。
 このころの日本の政治は、GHQ民生局など、マッカーサーの下で実権を握る局長クラスが芦田均を支持していた。芦田均(篠井英介)が組閣。
 しかし、吉田の側近、白洲次郎(谷原章介)は吉田の再登板に向けて密かな工作を始める。昭電疑獄事件(社長日野原)をきっかけに芦田政権は自滅、マッカーサー(デヴィッド・モース)は、アメリカ大統領の予備選に出て、大統領になる野心を抱いていた。

 マッカーサーの占領統治下の施策は、平和日本、ソレを願って日本の基礎を固めていた。ところが、日本国民にとって願わしい理想の国、平和な国を築こうとして実を挙げていた。敗戦国の日本国民は、支配者のマッカーサーという敵将を愛して、「アメリカ大統領」になってほしいと、願った。
 このあたりから、現大統領トルーマンから敵視され、マッカーサーは憂鬱になっている。彼も、共和党代表で「大統領」というストーリーを描いていた。

 アメリカ国民からみれば、マッカーサーは「日本に甘い」統治であると、批判された。現職大統領トルーマンは、ひそかに工作して、大統領予備選ではマッカーサーは最下位で、早々に脱落してしまった。

 GHQの支持を取り付けることに成功した吉田は政権に復帰、いよいよ念願の独立回復へ狙いを定める。焼け野原の日本国土を新しい日本にしたいと願うのは、日本国民の願いである。ソレを肌で感じていた吉田茂は、「GHQの仕事は済んだ。日本は独立である」ソレを目標に進むのが、今後の日本の行き方だ。

 「米軍はGHQ、Go Home Quickly!だ」と、政権をとったら、首班指名されたら、全面講和条約であると、目標を定めていた。

そのためには、スタッフを固めるべきだと、若手で有能な官僚を集め始めた。佐藤栄作、池田勇人、たぶん宮沢喜一なども、吉田学校と言われるように、後に総理大臣になる人材を積極的に登用した。こうして、総理に指名されたら、即組閣して仕事ができるように手を打っていた。こういう意味で、現在の有望な議員は、準備をするべきだ。民主党なら原口、自民党なら石原とか石破、自分の方針政策を理解してくれるように、固めていた。

 こうして、自分の周りに、職務見識とスタッフを持つ人材を容易して、引き抜いて、議員にして、池田勇人などは、一年生議員で即大蔵大臣にしてしまった。
 
吉田茂、胸中、悩みや妥協はあっただろうが、無能の猟官する議員や年功議員には目もくれなかった。だから、もう5回当選したから大臣だという種類の大臣病の議員を嫌っていた。人気と言う面では、政治的な地位保全の愛想笑い、お世辞で相手を喜ばせる手は使わないから、不人気になるのは当然だ。

 アメリカGHQにも、直言をするから、苦々しく思う人もいたはずだ。首班指名の前には、自民党の役員会議では、吉田が総理にしたら、GHQとぶつかる。特にマッカーサーと仲が悪いから、幹事長を総理にしよう、吉田ではだめだ」と進めようとしたが、外交手腕のある実力者は吉田茂でないと、日本の舵取りはできない。と、それで、吉田茂はGHQの最高司令官室で、マッカーサーと会う。

 (大統領になる可能性が消えて)意気消沈しているマッカーサーは、ウンでも、スンでもない。「日本の内政干渉はしない」といいう。「GHQの最高司令官」なのだから、トマッカーサーにカツを入れる。「吉田、(総理になるのを)反対はしない」とのお墨付きで、吉田茂は総理になった。

何か、日本の議会で決定しようとすると、必ず、GHQにお伺いを立ててて、政策実行をした。いまでこそ、当たり前の政治体制は、GHQ支配下では、すべて米軍の許可が必要であった。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 笑っていいとも 与沢翼29歳 情報商材 年収12億円 | トップページ | クレイマークレイマー 息子置いて妻家出 »

国家戦略」カテゴリの記事

政局・政治・選挙」カテゴリの記事

日本近代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑っていいとも 与沢翼29歳 情報商材 年収12億円 | トップページ | クレイマークレイマー 息子置いて妻家出 »